障がい者雇用の課題について

株式会社 ワタナベ美装  代表取締役社長 渡邉 真規

働くうえで、大切なことは、やはりそれぞれが尊重しあうことだと考えています。
やはり、一緒に働く仲間がそれぞれの、個性や特性を尊重できなければ、障がいのあるなしに 関わらず、働きづらさを感じてしまいます。
そのうえで、障がいをもって働かれる方への理解と配慮が必要だと考えます。
また、雇用する前に、実習を行うことは、お互い知ることができるいい機会だと思います。 就労支援事業所のサポートもとても有効で、会社に直接言えないことも、就労支援事業所から聞くことができます。障がいを持つ方が働くことが、特別ではない社会にならなければならないと考えます。

埼玉県障害者雇用総合サポートセンター企業支援・精神障害者雇用アドバイザー  庄司 浩

〇サテライト型の雇用を利用する企業が増えていること。
障害者の家族の立場からすると、なかなか就労が決まらない障害者の受け皿となり、大手企業に雇用され安心という見方もあり、完全に否定できないが、このやり方を安易に利用している企業には疑問を抱く。違法ではないが、これがどんどん広がると、本来の障害者雇用の制度そのものが根底から崩れてくる。
〇就労年齢の身体障障害者が減り、精神障害者が増加している中、精神障害者を雇用するための合理的配慮が出来うる企業がまだまだ少ない。
安心して働ける環境を整えれば、継続して働ける精神障害者は沢山いるのだが、、、。

株式会社トレパル  代表取締役社長 山口 将秀

障害者雇用はご本人か身内や知人に障害者がいない場合は、率先して取り組む方が少ないように感じます。また、企業では効率化、生産性に重きを置くのは当然のことで障害者雇用の仕事の切り出し、定着に時間がかかる点が懸念されてしまうことは想像できます。それでも、私たちは一人では社会で生きていけません。
障害者一人一人と向き合う企業の姿勢が他の社員にとっても働きやすい環境に繋がり、良い会社づくりに繋がるのだと思います。そして、社会の課題を自分ごととして捉え、率先して取り組む企業の姿勢が社会全体で問われる時代になってきていると肌で感じています。

「いい会社」研究会・TNC・なると社会保険労務士事務所  成戸克圭

「働く障がい者の方にどんなことが足りていないのか」 障害の種類にもよりますが、

・人に好かれる態度と心構え。これが難しければ人に嫌われないような態度と心構えです。挨拶や感謝、これを表面的ではなく有難いと思えること。そうすれば返礼を何とかしたい気持ちも生まれるはずです。出来るかどうかは別としても、それは相手に伝わるものと考えています。そこに人と人の関係性が生まれると思います。与えられる側という線引きは良くないように思います。

・体力です。働き始めると体を動かすための体力も必要ですが、心を使うことも体力が必要です。そして職場では心を使う機会が多く、学校や家とは比べ物にならないからです。

・知識や仕事に必要な具体的な内容は、その場で得るしかないこともあり、出来れば新しい事柄を積極的に愉しむくらいの姿勢があると理想かと思います。

\シェアよろしくお願いします/
 
サイゼリヤ見学レポート
「障がい者支援」についての勉強会 8月8日(日)13:30~15:30
障がい者雇用の課題について
-->